俺は・・・普通に暮らしていた・・・友達も仲のいい奴がいたし・・・大好きなゲームでも遊んでいた・・・だが・・・こんなことが起こるとは・・・思わなかった・・・・・

ユウスケ「ただいま〜今日トモの家遊びに行ってくる。」

母「気をつけてね。今日は寒いからコートでも着なさい。」

ユウスケ「ほ〜い。いってきま〜す。」

自分のメモリーカードを持ち。俺は友達の家へ・・・

トモ「おお、来たか。グラウスもきたぞ。」

ユウスケ「おう。PSOやろうぜ。メモリーカード持ってきた?」

グラウス「ああ、もって来たよ。」

ユウスケ「じゃあ、スイッチON!」

ピカアアアアアアアアッッッッッ・・・・・・

そのとき・・・GCが光り・・・俺達は気を失った・・・

ユウスケ「う・・・ここは・・・」

周りを見ると見覚えがある・・・そう、ここはPSOの世界だったのだ・・・

ユウスケ「な、P,PSOの世界に迷い込んだのか・・・俺は・・・トモ達は・・・」

??「その声・・・ユウスケか・・・」

ユウスケ「!?誰だ?!」

そこには見覚えのあるキャラクターが・・・それはトモのキャラクターだった・・・

ユウスケ「まさか・・・?トモなのか・・・お前・・・その姿・・・」

トモ「俺もわけがわからないんだ・・・!!あれは?!」

トモが指差した場所にも見覚えのあうキャラクターが・・・グラウスだ・・・

グラウス「ユウスケ・・・トモ・・・どうなってんだ????ここは・・・」

ユウスケ「俺達・・・PSOの世界に入ってしまったのか・・・」

と、そこに・・・

??「君達はだれだ?ここは・・・どこなんだ???」

グラウス「あんたは・・・誰だ?」

そこには背の高いヒューキャストが立っていた・・・

トモ「ここはPSOの世界みたいなんだ・・・あんたもこの世界に?」

??「ああ、俺は死泉という。君達は?」

少し自己紹介をしている間に・・・

????「誰かいるの?ここはどこなの???」

ユウスケ「ここはPSOの世界のようだ・・・あんたは誰だ?」

????「私はエルフィ。PSOの世界・・・なんでこんなことに・・・」

死泉「落ち着け・・・とりあえず自己紹介でもしておこう・・・」

俺たちは一通り自己紹介をすました・・・

グラウス「つまり・・・ここにいる全員PSOをスタートさせたらこんなことになった・・・と・・・」

エルフィ「ええ、どうすればこの世界から抜けられるのかした・・・」

ユウスケ「!!みんな・・・自分の持ち物を確認してみてくれ・・・」

死泉「!!・・・な・・・アイテムがない・・・!?」

トモ「!上を見てくれ・・・」

グラウス「ステータスが・・・みんな・・・1レベルだと・・・」

ユウスケ「最初から・・・というわけか・・・」

はたしてPSOの世界から抜け出せるのだろうか・・・

〜「元の世界へ・・・」第2話〜

戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送