トモ「これだけ人数がいれば安心だな・・・」

グラウス「攻撃サボるなよ?」

トモ「(ギクッ・・・ばれた・・・)あ、当たり前だろ・・・」

死泉「ほぉ・・・じゃあそのギクッ・・・ばれた・・・ってのはなんなんだ?」

エルフィ「読唇術もできるのね・・・」

kento「・・・早く進むぞ・・・」

KAZUO「?ユウスケは・・・?」

ユウスケ「あ〜・・・みんな聞こえるか〜?」

死泉「・・・なにやってるんだ・・・」

ユウスケ「いや、本当のPSOみたいにどこにいても声は聞こえるのかなぁ・・・ってね・・・」

kento「そのようだな・・・で、お前はどこいってるんだ?」

ユウスケ「ああ・・・次の部屋だよ・・・!うわ!敵出た!・・・!!!!!」

トモ「どうした!?!いまそっち行く!」

グラウス「おい・・・みんなあれなにに見える・・・?」

エルフィ「嘘でしょ・・・?」

KAZUO「ここ・・・ノーマルだよな・・・」

グラウス「じゃあ・・・あの青い花はいったいなんだよ!!?!」
             ・・・
kento「普通は赤い花のはずなのでは・・・」
       
死泉「!来るぞユウスケ!よけろ!」

エルフィ「!!やっぱりメギド・・・」
           ・・・
ユウスケ「くっ!危ねぇ!」

トモ「早く部屋の外に出ろ!」

死泉「!二発目が来る!よけろ!」

KAZUO「間に合わない!」

グラウス「こうなったら・・・フォイエ!ゾンデ!バータ!」

トモ「グラウス!お前・・・狙いがずれて・・・」

ドオオオオオォォォォォォォォォォン・・・

ユウスケ「うわっ!?!」

死泉「そうか!火で氷を溶かしてすぐに電流が流れる!そこにさらに火とくれば・・・」

kento「爆発・・・だな・・・」

エルフィ「ユウスケ?ダメージは?」

ユウスケ「ああ・・・平気だ・・・グラウス・・・なにするんだよ・・・」

グラウス「すまんすまん。これしか方法思いつかなくてな・・・」

エルフィ「でもなんでノーマルで青い花が・・・バグ・・・?」

死泉「レアモンスターには気をつけないとな・・・」

KAZUO「で、青い花は俺達じゃ倒せないぞ?これからどうする?」

トモ「そうだな・・・オフラインでもいくか・・・」

kento「それがいいな・・・とてもじゃないが青い花はいまのテクでも友の最大出力のライフルでも倒せないぞ・・・」

グラウス「マルチプレイってできるかなぁ・・・?」

死泉「そういう風に言ってるとできるようになってたりな・・・」

ユウスケ「・・・はぁ・・・みんな・・・メニュー開いてみ・・・」

エルフィ「あ、マルチプレイってのがある・・・」

KAZUO「だけどいまのこの状態となにが違うんだ?」

グラウス「現実のほうで近くにいないとできなかったりね・・・」

トモ「だとしたら俺とグラウスとユウスケしかできないな・・・」

ユウスケ「悪いが俺はオフラインでやらせてもらうな・・・」

グラウス「なんでだよ?」

ユウスケ「一人のほうも進めないといけないしなにがあるかこの目で確かめたいからな・・・」

死泉「俺は先にオフラインにいっている・・・坑道まで進めたら戻ってくるな・・・武器も一人であつめたいしな・・・」

パッ

kento「もう消えた・・・僕もオフを進めてくる・・・ソロはきついがしょうがないか・・・」

パッ

エルフィ「私もオフラインでもやってみるわね・・・」

パッ

KAZUO「じゃあ俺もいってくる。またな。俺はクエストでもやってメセタを稼ぎながらレベルをあげるよ」

パッ

トモ「グラウス。マルチプレイでレベルを上げよう」

グラウス「ああ・・・ユウスケ。お前もがんばれよ・・・」

ユウスケ「ああ・・・レベル上げ競争だな・・・俺達は・・・」

トモ「ユウスケには負けねえからな!」

ユウスケ「間違っても死ぬなよ・・・またな!」

パッ

グラウス「トモ、マルチいくぞ!」

トモ「おう!」

パッ・・・

戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送